So-net無料ブログ作成
検索選択

海外ドラマのがん患者(2) [ぐだぐだ]


2015年9月10日(木)

私が字幕をつけた海外ドラマで印象的ながん患者。前記事の続きです。

[病院] もう1人が ②のドラマの第3だか第4だかのシーズンに出てきました。 


それは主人公のおばさん。久々に訪ねてきて、実はがんなんだ、と告げます。

手術は無理だし、もう治療はしない、と決意を伝え、主人公兄妹は

涙を流しながらもそれを受け入れました。

ちょっと天然で魅力的なおばさんの、静かな覚悟が胸に迫るエピソードでした。



が、そのおばさん、次のシーズンで元気に再登場!



病院で出会った患者仲間の男性と恋[黒ハート]に落ち、彼の説得もあって化学療法を受け

小康状態の今、主人公たち兄妹を訪ねてきた、、、という すてきな展開[るんるん]

自らも余命宣告を受けたその恋人はそこそこのお金持ちで、

「自分の命がある間は、この女性に楽しい日々を贈りたい」なんて言ってくれる、 

がん患者女性(独身only? )の理想の白馬の騎士でした。


そのおばさんは、心配する主人公に向かって「ほら、ウイッグもすてきでしょ。

poison(やっぱり抗がん剤のことです) のおかげで快調よ」とケロッと言ってのけます。

腫瘍が小さくなったとか、完治したとか、そういうわけではなさそうですが、

とにかく“今”を謳歌している。

その達観した様子が、天然キャラとあいまって本当にすてきでした。




こういう患者像こそ、もっと描いてほしいわ~、と私は思います。

まあ、このおばさんほど恵まれてなくても、その場その場で

てへへっなんて復活して頑張る姿。

それがリアルってもんでしょ? 




ところで----------------------------

②のドラマの、このおばさんも、①のドラマの女医さんと同じく、抗がん剤を poison =毒 と

言っていました。

②のおばさんのセリフを訳す時、私は素直に「毒」としました。

私自身は化学療法を終えて1年経つか経たないかでしたから、 

抗がん剤に耐えた者として、つらさも記憶に新しく、

あれを「毒」と言いたくなる気持ちはよく分かりましたから。 



ところが演出担当さんから、「毒と直接的に言ってしまうと誤解される恐れがある」といって

「薬」とか、そんな無難な言葉に変えるよう指示されました。

その時は、少々抵抗したのですが、今になって考えると、演出の判断は正しいと分かります。

そして、①のドラマで再び、poison! と、抗がん剤について毒づきまくる登場人物に出会い

今は何とかその発言がいろんな誤解を生まないで済むよう細心の注意を払っているところです。

 


私たちの仕事って、英語を間違えずに日本語にするだけではなく

こんなふうに多方面に気を使ってるんですよ~

 

その気の使い方も、今回のように病気して初めて気が回ることもあったりして

悪いことばかりじゃなかった、と、思ったりする今日この頃でした。



 

 

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 8

やっぴー

お早うございます(^^)/

その②のドラマの取り上げ方、良いですね~。
本当に同意見です!
がん患者だって、年がら年中めそめそしてるわけでも、がん告知されたからって、絶望感で暗さ一色になるわけでもない。
受容して、覚悟を決めたら、案外前向きに生きている!

そんな風に、普通に取り上げたドラマがたくさん出来てほしいです。

海外ドラマは、けっこう好きな私ですが、残念ながら見てないようです。
翻訳って、語学力だけじゃないですね!尊敬!!
by やっぴー (2015-09-11 09:53) 

ぱふ

★やっぴーさん、ありがとうございます!

この患者さんの描き方はいいですよね。
「化学療法終えたあとでそんなに元気なはずないだろ!」とか、
「どこがウイッグだ!自毛じゃないか!」とか、まあいろいろ
あるにはあったのですが、そこはオッケー!

日本語版の制作には、語学力だけでなく、
大人の事情をのんで対応するとか、まあ、そんなコトも
必要なんです。
どんな仕事でも同じですけどね。

by ぱふ (2015-09-11 11:47) 

ゆるり

こんにちは!

なるぼどなるほど、そうそうそう~
と、思って読ませていただきました。

がん=死とか、壮絶な闘病とか、そういう世間一般のイメージって
根強い分、実際に体験した者からすると違和感満載です。

日本語って特に、微妙なニュアンスがあったり難しいから
翻訳するのって至難の業なんですね~。はぁ~。
ぱふさん尊敬。

ちなみに「ポイズン」と言われたら、反町隆史を真っ先に思い出しました。
by ゆるり (2015-09-11 16:59) 

KEY

厳密に言うと5年経過していないのでまだガン患者ですw。

丹毒って要するに蜂窩織炎の症状が表に出なくて、
皮下で溶連菌が繁殖しちゃう病気です。
抵抗力、免疫力の低下で起こるので、
これが再発、転移に繋がらないかちょっとドキドキしています。

ドラマとかマンガとかで、
末期ガンなんだけど楽観的に前向きに生きていると、
宣告された余命よりも遙かに長生きする場面もあるし、
実際に余命3ヶ月と言われた人が、
5年経った今もそこそこ元気に過ごしていると言う話も聴きました。
うちの父親も前立腺ガンに3年くらい前になりましたけど、
手術を拒否して化学療法だけ。
自分のペースで自転車に乗ったりしながら、
けっこう前向きに生きていますよ。
今年無事喜寿も迎えたし。

確かに抗がん剤を「毒」と訳したら、
観る人によってはかなりまずいでしょうね。
実際には「毒をもって毒を制す」みたいなニュアンスなんでしょうけど。
翻訳をするにはいろんな事情もあるし、
その時のトレンドワードとかもあるだろうし、
いろいろと大変ですね。

因みに先駆者のT田さんの字幕は、
現代社会、ワードを理解していないので滅茶苦茶・・・
と、聞いたことがありますがw。

by KEY (2015-09-11 18:47) 

ぱふ

★ゆるりさん、ありがとうございます!

 「壮絶な闘病」ってやつが世間はお好きなんですよね。
 でもおかげで、私も病気を知らせた友達から今までと違う目で
 見られたりして困ったことがありました。

 尊敬だなんて、おっこがましーい!!
 どんな仕事でも長く続けてれば、それなりになるもんです。(≧m≦)

★KEYさん、ありがとうございます! 

 丹毒、蜂窩織炎よりさらに厄介なんですもんね。
 きっと夏の疲れとか、出ちゃったんでしょうねえ。
 マジで再発とか転移とかにつながらないよう、この機会に
 ゆっくり休んでくださいよ。

 T田さんへの批判に関しては、ネット社会で何人か散見する、
 例えばブログがしょっちゅう炎上の憂き目にあったり、
 すぐ悪口スレッドが立ち上がっちゃうような
 「こいつに関しては罵詈雑言を吐いてもOK」な対象として
 認識されてるところがありそうで、お気の毒な面もあります。
 私なんか無名でよかった。業界内で知ってもらえてれば
 それで御の字ですわ~ 

by ぱふ (2015-09-11 20:35) 

cocoa051

たしかに翻訳ひとつで映画の良し悪しに影響するところもありますね。そういう意味で、ぱふさんってスゴイ!って思います。
北海道に行ってしまって郷里とどんどん離れて行ってる感じ。たまには郷里も忘れないでね。わがカミさんも暇になってきたので、秋には郷里に行ってみたいって言ってました。
by cocoa051 (2015-09-12 12:00) 

ぱふ

★cocoa051さん、ありがとうございます!

最近の映画は情報量が多いので、字幕や吹き替えがなくてはなりませんが
本当に素晴らしい作品は、日本語がなくても理解できますよ。
だから字幕は添え物です。

私はひそかに(まだ舅姑には言ってない)年末年始をはさんで
12月から1か月ほど山口に帰ろうとたくらんでいます。
一人暮らしの母が心配ですしね。

by ぱふ (2015-09-13 02:11) 

ぱふ

★tweet_2さん、ありがとうございました!

★きなこさん、ありがとうございました!

by ぱふ (2015-09-19 23:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。