So-net無料ブログ作成
検索選択

たかが雑巾(3) [嫁もどきのグチグチ]


2015年4月3日(金) 

単なる愚痴を引っ張っております。

前々日、昨日に続いて… 



私にとって、あの雑巾は何だったのか。

夫に訴えてみて「なんで雑巾ごときで腹立てるのか意味がわからん」と

逆に非難されかけてしまい、鬱々と自問自答を繰り返したエイプリルフール(笑えない)でした。



声に出して、つらいんだよーと訴える相手がいないので

ブログに吐き出させていただいています。




どうもまだ私は、この家を居場所として得心できていないところがある。

家事はしていませんし、家具調度の類も自分たちが選んだものではなく

親にあてがわれたもの。ちょっと怯えていたご近所や親戚とのやり取りも

今のところ一切ありません。それはそれでひと安心だったりもしますが、

なんか引っ越してきたという現実感がない。

まるで旅人がホテル暮らしをしているような毎日なのです。



それじゃいけない、と、私も少しずつ自分仕様の居場所にしようとしていました。


下洗い用の小さなバケツを用意したのもその1つ。

義母に言えば貸してもらえるはずだし、古いバケツの1つや2つ、

私たち用にくれるだろうと思いますが、どうせなら自分で選んで買いたい。

大事なウイッグをシャンプーする洗面器も、どうせなら気に入った色のがほしい。 

そんなままごとみたいなあれこれの1つが、あの雑巾だったようです。

新しいタオルを雑巾にするので、マジックで太く「Z」と書いておいた。

ちょっとだけわくわくしました。 



その雑巾を前に1回だけ使ったときも楽しかったのです。

「これは自分の住まいなんだから、きれいに、大事にするんだぞー」と

掃除が得意ではない自分に言い聞かせながらきっちり拭き掃除をして、

ご機嫌できれいに洗って干しておきました。




その雑巾で物干し竿を拭いたとたん、いきなり勝手に持ち去られ

庭の水道用にされてしまった……

がっかりしても、仕方ないでしょ? 仕方なくなくない?






こんな小さなことにショックを受けた自分がまた不思議で

考え込んでしまった2日間。 足かけ3日もかけてブログにしちゃった。 




長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。 

 

 

 

 



nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 8

KEY

「たかが雑巾」とはいえ、
おろした時のことをそれだけ詳細に覚えているということは、
それだけいろいろな意味で思いがあったんですね。
小出しのストレス発散させていた一つだったんですね。

不思議なもので、
人には「ツボ」というものが存在します。
私も何気ない父親の一言で10年絶縁していましたから。
「それだけはあなたに言われたくない」
その思いが決定的な拒絶になっちゃいました。

相手に悪意はなくても、
「それだけは」という「ツボ」に触れることで、
驚くほど人間は激昂するものなんですよね。
普段意識していないからこそ、
その「ツボ」が深いというか。

まだまだ大変なことは起こるでしょうけど、
少しずつ少しずつご自分の居場所を作っていくしかないですね。
たぶんもう今更ご両親に、
そういう気持ちを理解してもらうのは難しいかと(-"-。

しかしホント男の人って、
その辺わかってくれないですねw。
by KEY (2015-04-03 09:26) 

やっぴー

わかるような気します。
値段とか綺麗・汚いとかではないんですよね。

なんか、借り物の場の中の数少ない「自分」って言うか。
自分の居場所にするための「最初の1歩」と言うか。

もっともっと、好き勝手にして良いんじゃないでしょうか。
ご両親も気使いすぎ、ぱふさんも気使いすぎ…。

まあ、同じ立場で果たしてストレスを感じずにやっていけるかどうかの自信は、皆無な私が言うのもなんなんですけど…(^-^;

せめて、吐き出して下さい。
ブログってそういうツールだと思うから。
by やっぴー (2015-04-03 15:07) 

ゆるり

ぱふさんの気持ち解る気がします。

きっとお互いに優しいんでしょうね。
義父母も良かれと思ってやっているのでしょうし。

値段やモノがどうこうじゃないですもんね。
義父母に気を遣いつつ、少しずつ自分の落ち着ける環境を「自分で」
作っていて、明るい気持ちになれるようなアイテムの一つだったのに。

それを無断で左右されてしまう。
きっとそういうことがたくさんあるのでしょう。
男の人には理解できないかもしれないですよね。
まして実家だし。

うーむ。しかし料理ひとつでさえも見られていたりって辛すぎる・・・。

by ゆるり (2015-04-03 16:17) 

ぱふ

★nice! をくださった皆さま、ありがとうございました!

 まとめてお礼ですみません。ありがとうございます。

★KEYさん、ありがとうございます!

 ほんと、自分でも思ってなかったほどに、ミョーな思い入れが
 あった雑巾だったみたい。それにしても持ってく前に一声かけてくれれば
 あんなに噴火しなかったのにサ。ぶつぶつ…

★やっぴーさん、ありがとうございます!

 「借り物の中の数少ない自分」!!そう!ソレですソレ!!
 今回、時間はかかるけど、あてがわれたカーテンやじゅうたんも
 少しずつ自分で変えてやろうと心に決めました。
 それでちょっと希望が出てきたー★

★ゆるりさん、ありがとうございます!

 義父母がチョー無邪気なので、私も素直に、と心掛けては
 いたつもりなんですけど、100%本音を出すわけにもいかず。。
 まあ、今回雑巾ごときで取り乱したので、両親も少しは学習してくれた、
 かもしれないなと思っています。
 ダンナにはねー、わっかんないだろうなー(ーー;)

by ぱふ (2015-04-03 20:27) 

マチルダの夫

いつも、読み逃げさせていただいています。すみません。
義父母様たちの築いてきた時間、ぱふさんご夫婦が築いてきた時間が
ここ数カ月の間で交錯したのだからお互いに想像以上にスリリングな時間を過ごしているのでしょうね。
ぱふさんは精一杯義父母様の築いてきた生活を壊さないようにいっぱいいっぱい気苦労されてきていたところに”着火剤”によく燃える雑巾になっちゃたんですね。
ここで、いっぱい吐き出して少しでもストレスが減りますように。
by マチルダの夫 (2015-04-05 21:49) 

ぱふ

★マチルダの夫さん、ありがとうございます!

 私もブログ、黙って読み逃げしておりました。m(_ _)m
 「お互いにスリリングな時間」って、ほんとその通りですね。
 私たちもですが、両親も相当にストレスたまってると思います。
 できるだけ、自然にスルーできるようにしたいと思っていますが
 どうしてもたまっちゃったら、またここで吐き出させてもらうことに
 しまーす(^_^)ゞ

by ぱふ (2015-04-07 18:12) 

えんどうまめ

お久しぶりです! ちょっといろいろとあって、ほんとうにご無沙汰していました。で、きょうやっとブログを読み、仰天したわけです。そりゃ、腹立ちます、当然です、わかりますぅぅぅぅ(T_T)!!  お姑さんは嫁の苦労をせずに年取った人ですか? わたしが昔結婚していた相手の親は、お父さんが養子さんだったせいか、お母さんが嫁たちの気持ちをちっともわかってくれなくて困りました。「無邪気な無神経」「善意という名の押しつけ&わがまま」ばかりでね。二言目には、「わたしはあなたを実の娘のようにたいせつに思っている」と言うのにも閉口しました。ふん、心にもないことを!と思っていました。で、喧嘩もしちゃいましたよ。でも、彼女が老衰で死の床についたとき、ほんとうにわたしをたいせつに思っていたことがわかり、たいへんショックを受けました。いつか腹を割って話せる機会が来るといいですね。それを祈っています。おたがいに思ったことが言い合えるようになるには、時間がかかるでしょうけど。仕事がはかどるのはせめてもの救いですね。でも、きつそう。そして足もきつそう……。おだいじにね。
by えんどうまめ (2015-04-23 22:03) 

ぱふ

★えんどうまめさん、ありがとうございます!

 いろいろあって、って、大丈夫ですか?
 ご家族のことかしら、学校のことかしら、なんてあれこれ心配です。
 お時間のあるときにでも、近況をお教えくださいね。

 腹を割って話す、とか、ちょっと無理かな。
 お料理のこととか、ワイドショーネタ以外では、私たちの文法は
 まるで別というか、立っている地面が違う気がしています。
 普通に日々を送るには、それでいいんですけどね。。。

 
by ぱふ (2015-04-27 12:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。