So-net無料ブログ作成

入院の日々の記録/記憶(9) 消化器系・内分泌系もボロボロ [これまでのいきさつ]


5月10日(土) 化学療法終了後357日目

2012年12月に、子宮&付属器全摘手術を受けたときのあれこれ、

入院の日々の記録の続きです。

入院の日々の記録/記憶(1)

入院の日々の記録/記憶(2)

入院の日々の記録/記憶(3)

入院の日々の記録/記憶(4)

入院の日々の記録/記憶(5)

入院の日々の記録/記憶(6)

入院の日々の記録/記憶(7)

入院の日々の記録/記憶(8)



2012年10月に子宮体癌を宣告されたころの私は

癌だけでなく、消化器系、内分泌系も相当弱っていて

手術日を決めると同時に、手術できる体にするため、

細かくチェック&投薬を受けることとなりました。



前々から「脂肪肝ぎみですよ」と言われてはいました。

コレステロール値もギリ高かった。毎年そうでした。

でも、手術前のあの頃は、それまでの警告では済まないぐらい悪化していました。

肝機能を示す数値がもう、 ケタが違う感じ。

そして何より中性脂肪値がバカ高い [がく~(落胆した顔)] [がく~(落胆した顔)] [がく~(落胆した顔)]




さらに、こっちは境界値ってとこでしたが、血糖も上がっていて要観察。

それまで生活習慣から「不健康だ」との自覚はあったものの

ここまでとは思ってもおらず、けっこうショックでした。。。




手術前の2か月ほど、肝臓の薬を飲みましたともー

手術までに目標の数値に下げることは、ちょっとできませんでしたけど

「何とか手術に耐えるであろう」ということでGOサインが出たわけです。



手術後も、肝臓や血糖値は要観察。

なので朝晩…… あれ、朝昼晩だったかな? 血糖値も測定され

あまりに上がっていると、即注射をされることになっていました。



実際に注射されたのは2回ぐらい。

うち1回は、

その日、朝から点滴がズレてベッドで流血沙汰を起こしてしまい、

着てたものやシーツにもシミを作り、大騒ぎ。

しかも当番の先生が何度も何度も針差しに失敗して [もうやだ~(悲しい顔)] [もうやだ~(悲しい顔)] ……



それはそれは痛い目に遭ってしまって気持ちが落ちた私、

普段はそんなことしないのに、売店外の自動販売機で、

ピーチとかマンゴーとかの入った果汁100%ジュースを買って飲んじゃった。

いつもなら、その自動販売機ではコーヒーを飲むのに…



そして、気を取り直して病室に戻ったところで血糖測定 ∑(゚Д゚)!!!

そんなもん、高いに決まってるだろーーーっ!!

ちょうどジュースの糖分が指先までいきわたったとこじゃんか。。。



針の痛さにメゲて飲んじゃったジュースのせいで、さらに注射をされるという

泣くに泣けない出来事でした。。


それ以来、入院中は意地でも甘いもんは食べなかった[ダッシュ(走り出すさま)] [ダッシュ(走り出すさま)]




退院後、特に何をしたわけでもないのですが、肝機能はすとん、と正常になり

血糖値も全然上がることはなくなりました。

今、不健康な翻訳家稼業生活で、手術前の人生最重の目方に戻ってしまっていますが

肝機能も血糖値も、あんなひどい数字にはなっていません。

コレステロールだけ、薬で抑えれば、あとは大丈夫そう。

ホントに弱っていたんだなあ、手術のためとはいえ、薬ででも抑えることができてよかった。。。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 2

くらさん

元気になって良かったね!
肝機能値がダメだとあーんな美味しいものやこーんな旨いオチャケがいただけなくなっちゃうもの。
私も投薬期間中に出張先でつい5合ほど地酒を飲んでしまい、その1週間後の投薬でとんでもない数値をたたきだして主治医をあわてさせてしまい、18歳以降(ン?)初の3か月禁酒を言い渡されてしまった経験が・・・つらかった!
そんなふざけた振る舞いのせいでなく、疲れていたのですね。今もムリしないでゆっくりといたわってくださいな。
by くらさん (2014-05-11 14:31) 

ぱふ

★くらちゃん、ありがとう!
肝機能、ちょっとまたヤバくなっています。
禁酒までは言い渡されませんでしたが(そもそも私は
あなたほど飲まないし!)、あれこれ控えねばならなそうです。

★kazukazuさん、ありがとございました!

★ポジティブに行こうさん、ありがとうございました!

★たかしさん、ありがとうございました!
by ぱふ (2014-05-14 16:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0