So-net無料ブログ作成

入院の日々の記録/記憶 (5) SICU [これまでのいきさつ]


1月28日(火) 化学療法終了後255日目

 入院の日々の記録の続きです。

入院の日々の記録/記憶(1)

入院の日々の記録/記憶(2)

入院の日々の記録/記憶(3)

入院の日々の記録/記憶(4)

 

手術後、目が覚めると私はSICUという集中治療室にいました。

これも前回の手術から大きく変わったところですが、この病院では

全身麻酔で手術した患者は必ず、一晩をこの外科系集中治療室で

過ごすようになったそうです。



なにしろ意識はもうろうとしていますし、裸眼では限りなくゼロに近い視力ですから

よくは分からないのですが、ちょっとSFチックなほどに最新っぽい部屋でした(と思う)。



夫はビビッてたのか恐る恐るという感じで遠くから様子をうかがい

弟がそばに来てくれていました。2人とも、失血が多く土気色をしていた

前回の手術と比べて、今回は長くかかった割に血色がよかったので(輸血しましたから)

ホッとしていたようです。

そんな2人に私は、かすれて出ない声で、左手が痺れていること、

揉んでみてほしいことを訴えたのでした(左手をめぐる苦闘)。



そうこうするうちに、8時間の大手術でぐったりしている先生方が

集まってくださいました。最新の病室に立つ4~5人の白衣の先生方…


ドラマみたいでかっこいい![ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]  


ぼーっとした意識、そしてろくにない視力でしたが、あの時私は

そう思ったのでした。まだ現実に戻ってなかったんですかね。。。



SICUで過ごしたその晩のことは、あんまり覚えていません。

ただただ ぼーっとしていただけで、さほど苦しかったりした記憶もありません。


覚えているのは、担当看護師さんの、そりゃあもう行き届いたお世話[exclamation×2]


 

脈拍や体温、血圧などのチェックはもちろん、ごそごそしていれば

適当なところにクッションをあてがってくれ、

時間がくれば体を拭いてくれ(そっ… そんなトコまで[あせあせ(飛び散る汗)] と驚くほど)

それでいて、何の負担にもならないプロぶりでした。

すばらしい!!



私は病室に戻る前後のこともあまり覚えていません。

そんなだから、そこまでしていただいた看護師さんに、お礼も言わずじまい。

それが本当に心残りです。


 


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 4

kina

ぱふさん、こんにちは、kinaです。

8年前の手術のお話も、さかのぼって読ませていただきました。
「ほどよく自己主張」って、ホント、必要! 同感!
でも、このSICUの看護師さんのようにしてもらえれば、最高ですね。

「良くしてもらった経験」を読むと、
なんだかとってもホッとする~(#^.^#)
by kina (2014-01-28 10:52) 

cocoa051

大手術だったことが伝わってきました。なにかホッとした気分です。

by cocoa051 (2014-01-29 08:25) 

ぱふ

★kinaさん、ありがとうございました!
 SICUの看護師さん、本当にすばらしかったです。
 思い出すと、自分もどこかで恩返ししなきゃ、と思うほど。
 「ほどよい自己主張」のほうは、その翌日、それどころじゃなくなって
 ナースコールしまくりだったのですが…

★ポジティブに行こうさん、ありがとうございます!

★makimakiさん、ありがとうございます!

★cocoa051さん、ありがとうございました!
 本人は寝てるだけでしたが、先生方、そして家族は
 ほんとうに長い1日だったようです。申し訳ない(^ ^)ゞ

★有城佳音さん、ありがとうございます!

by ぱふ (2014-02-01 15:14) 

ぱふ

★きなこさん、ありがとうございます!
by ぱふ (2014-02-03 22:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0